• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > 原因の究明

院長日誌

< 不安な気持ちの解消法  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰の傾向と対策 >

原因の究明

治療を行う上では、その原因がどこにあるのかを究明しなければなりません。

原因をはっきりさせた上で、施術を行うことで治療になります。

当院で行う、原因の究明法は疑いがある箇所に負荷(力)をかけてみることです。

原因箇所に負荷をかけると症状が一時的に悪化します。

例えば、どこかに足をぶつけた場合にぶつけた箇所を押すと痛みが強くなります。

押すことでそこに負荷がかかるからです。

押さえて痛いということは、そこになんらかの異常がある可能性があるのです。

しかし、頚椎(首の骨)、腰椎(腰の骨)や深部の筋肉など、原因が体の深いところにある場合は上から押さえるだけでは検査が不十分です。

そこには、さらに専門的な検査を行う必要があります。

また、体を動かすことで痛みの状態を確認することでも原因箇所を推定することができます。

それらから、どこが悪いのか推理して悪い箇所が治るように施術を行います。

施術を行ったら、効果を知る必要がありますので、また検査です。

改善があれば、効果があった。

改善がなければ、効果がなかった。

効果がない場合は、治療法がまずいか症状の進行具合が治療の作用を凌駕してしまっている可能性がありますので、修正が必要になります。

ただ、長期的な慢性症状の場合は一度で即効性がでないこともあります。

その場合は、数回の施術で効果を検証する必要があります。

検査→施術→検証→必要な場合は修正

の繰り返しで治療が完結します。

< 不安な気持ちの解消法  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰の傾向と対策 >

このページのトップへ