• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > アーカイブ > 2018年6月

院長日誌 2018年6月

イライラ感情の修正法2

先日、お伝えしたいらいら感情の修正法の第2弾です。

いらいらするときに、手早くそれを修正するには行動を変えてみるとういうのがあります。

感情があって、表情や態度、行動などに現れるのはもちろんですが、その逆も可能なようです。

表情や態度、行動を変えて、感情を変える方法です。

いらいらしたときは、眉間にしわがよって目が釣る上がり、物言いは激しく早くなりがちです。

この逆をすると、眉間にしわを寄せずに笑顔で、やさしくゆっくり話すようにするといいです。

これをするには、前回のようなまずは自分が怒っていることを自覚しなければなりません。

「自分は、いま怒っているので、表情を変えてみよう」という具合です。

この一連の流れも習慣ですので、初めはうまくいかないかもしれませんが、続けることでだんだん身についていくと思います(^^♪

これは、元気がない、やる気が出ないときにも同じことが言えます。

元気ややる気がないときは、元気ややる気があるような行動をとってみることで感情も元気とやる気に満ちてくるものなのかもしれません。



『快活さを失ったとき、他人に頼らずに自発的に快活さを取り戻す秘訣は、いかにも楽しそうなようすで動きまわったり、しゃべったりしながら、すでに快活さを取りもどしたようにふるまうことである。』
ー「道は開ける」デール・カーネギー(著)よりー


「道は開ける」179ページより

当院で行うアドバイスの例

アドバイスの内容は、患者様の現在の状況や症状、原因の重みによって変わります。
膝痛を例に、一部をご紹介します。


膝痛について

膝の痛みの原因は、運動による無理なのか、関節が固まってしまっているためなのか、体重による負担が大きすぎるためなのか、筋力の低下が原因なのかによって主に分かれます。

運動による無理が原因の場合
まずは、運動を中止す方が治りやすのでそのように提案いたします。しかし、運動を生業としていたり、部活動などで運動をどうしてもする必要がある場合は、考慮します。例えば、運動する時間を減らす、まずは3日だけ運動をしないでみるなどあなたの希望とこちらの提示条件を対話することで、すりあわせていきます。それを実行して、痛みが治まるようであれば予定通りに継続すれば今後はさらに治る可能性もあります。治りが悪いようであれば、また対話することで一緒に考えていきます。

関節が固まってしまっている場合
関節が固まってしまっている場合、例えば正座ができないので正座ができるようになりたいなどがあります。この場合は、ご自宅でストレッチすることをアドバイスします。お風呂などで行うのが、おすすめです。ストレッチの方法も具体的にお伝えします。基本的に毎日行って頂くようにアドバイスしますが、あなたの生活様式に応じて方法も含めて話し合って決定します。

体重による負担が大き過ぎる場合
体重の負担による膝痛は、体重を落とす必要があります。体重が重いままだと、当院の施術ではなかなか治りませんで、体重を落とすことも治療の一部です。運動により体重を落とそうとすると膝が痛みますのでおすすめしていません。そこで、手段としては食事制限になります。食事制限の方法は、具体的にお伝えしますが、あなたが出来るかできないかによって提案方法も変わります。また、プールなどで運動できる場合は、具体的にどれくらいの頻度で行うのかを決めていきます。

筋力の低下が原因の場合
筋力の低下が、原因の場合は筋力つける必要があります。筋力の低下については、まずは軽いものからはじめて徐々に負荷を上げていく方法があります。どれくらいが、軽いかは個人差がありますのでそれは、話を詳しく聞いたり実際にやってみて決めていきます。難しい方法は、続きませんので手軽に行える方法をアドバイスします。しかも、痛くない程度に行う必要がありますので、そのあたりも入念に決めていきます。




以上が代表的なアドバイス事項です。
原因が複合的に絡んでいる場合は、どれが原因として重みが強いかを考慮して優先的にアドバイスいたします。
こちらから、一方的に提案しても実行できなければ意味がありませんので、話し合いで決めるように努めています。
そのほかにも膝のどこが痛むのかや、あなたの置かれている状況や生活習慣、仕事、趣味、運動などによってアドバイス事項はたくさんあります。初回でできる限り最適な方法を見つけることができれば、当院の施術を受けるだけよりもさらに治りが早くなりますし、再発しにくくなります。あなたがよくなっていただくことを最優先に、カウンセリングやアドバイス、施術サービスを提供していけたらと思います。

1

« 2018年5月 | メインページ | アーカイブ | 2018年7月 »

このページのトップへ