• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > アーカイブ > 施術例: 2016年11月

院長日誌 施術例: 2016年11月

腰、尻、足(下肢)の痛みや痺れの施術例

本日は、「腰、尻、足(下肢)の痛みや痺れの施術例」についてお伝えします。

60代男性
職業:調理師
主訴:腰、尻(右側)、下肢(右側)に痛みやしびれがあり、長時間立って仕事をすると辛い
所見:腰を後ろに倒すと股関節の前面に痛みが出る。腰を前に倒すと右のお尻に痛みがでる。腰をひねる動作で、右足(右下肢)に痛みが出る。その他、ラセーグテスト、梨状筋テストで陽性反応。小児麻痺により左下肢の筋肉の萎縮、左足が右足より短い。10年前も同じような状態になり、病院での治療で治るのに3ヶ月かかってとても辛かった。
施術回数:3回


施術の過程

〇施術1回目 

・施術内容
パルス(電気)鍼:右腰(脊柱起立筋肉群)、両側股関節前面(腸骨筋、大腰筋への電気刺激)、右臀(尻)部(小臀筋、梨状筋)、右下腿(膝から下)部(長腓骨筋、ヒラメ筋)などへの電気刺激
手技:筋膜リリース、マッサージ
今回は、右足と左足の足の長さの違いから、右足に負担がかかり股関節や足の筋肉の緊張などから痛みやしびれが出ていると思われましたので、原因となる筋肉を鍼により丁寧に緩めていく施術を行いました。尻や足の痛みやしびれは、筋肉の緊張により神経の通りが悪くなり痛みが出たり。トリガーポイントの関連痛などで痛みが出たりします。そのため、原因がどこにあるのかをしっかり特定することが重要になります。



20161102110432-5af550415ed39087528c49ace2657d0d1a963065.png
【腰、尻、足の痛みに対して、施術を行った筋肉】

1回目の施術直後
施術前と比べて痛み、しびれともに変化なし


〇施術2回目(1回目の施術から7日後)

施術前のカウンセリング
施術前の検査などでは、前回の施術の効果は、まだ現れておらず痛み、しびれ共に変化なし。
長時間の立ち仕事でも痛みはある

・施術内容
1回目とまったく同じです

〇施術3回目(2回目の施術から11日後)

・施術前のカウンセリング
長時間立って仕事をすることが楽になった
長時間の歩行で痛みがでる場合がある
痛みやしびれがかなり良くなり、患者さまも喜んでおられました。

・施術内容
前回と比べて施術箇所を限定しました。
パルス鍼:右臀(尻)部、右下腿(膝から下)部
手技:筋膜リリース、マッサージ

現在は、施術を3回終わったところですが、次回は2間後にお越しいただき、状態がよければ再発予防の為にしばらくは月1回の施術をアドバイスしました。長時間歩くとまだ少し痛みがあるようなので、そのあたりは、今後改善していく予定です。今回は、痛みが楽になったのは、2回目の施術以降なので1ヶ月もかからず日常生活に支障がでないレベルまで、治療が完了しました。体の状態や個人差もありますので、すべての方が当てはまるわけではありません。しかし、今回のような症状は3回の施術までには楽になるように全力を尽くして施術を行っております。

1

« 施術例: 2016年7月 | メインページ | アーカイブ | 施術例: 2017年2月 »

このページのトップへ