HOME > 院長日誌 > アーカイブ > 施術例: 2017年2月

院長日誌 施術例: 2017年2月

2人目不妊に対する鍼灸治療例

36歳 女性
初診日 10月初旬
施術回数 9回(最終来院は、2016年12月下旬) 

正常に排卵できない排卵障害があるため、少しでも排卵が出来やすい体づくりをしたいとのことで来院。
病院では、排卵誘発剤を使ったタイミング法を行っている。

その他の症状
冷え性、倦怠感(常に眠い)、便秘、腰痛、生理不順、頻尿、足のむくみ、寝付きが悪い

~施術経過~

初回

お話をお伺いして、全身調整と腰痛の治療を行う。
全身調整は、まず背臥位で三陰交、太谿、復溜などのつぼに浅く刺針を行う。腹部の、関元、肓兪、足裏の勇泉には灸を行った。
その後、腹臥位にて腎兪、膀胱兪、次髎に浅い針を行った。 以上の施術に、腰痛があるため筋肉が固くなっている箇所(コリの位置)に深めに針を刺して、痛みを和らげる治療を行った。

3回目(初回から18日目)
腰痛はないとのことで、腰痛への鍼治療はしていない。 全身調整は、初回の施術を踏襲して、便秘の症状があるので腹部には箱灸(箱に艾を入れて広範囲を暖める灸)を行った。 冷え性は、改善の傾向にあり施術後の3日くらいは足が暖かい感じがするとのこと。

4回目(初回から25日目)
右側の肩甲骨あたりが痛いということで、全身調整に加えて右側の肩甲骨周辺の筋肉に針を刺して施術を行った。


6回目(初回から39日目)
便秘は改善されて毎日の排便ができるようになった。体の痛い箇所もない。施術は、全身調整のみを行った。 施術に使うつぼに腹部の陰交、血海を加える。


8回目(初回から47日目)
病院の検査で胎嚢が確認できたとのこと。体で痛む箇所もないので、全身調整やお灸を行った。 しばらく様子を見たいとのご本人からの希望により、しばらく治療を中断。


9回目(初回から68日目)
つわりがきつくて来院。つわりを緩和するために、全身の調整を行った。 現在も、妊娠後の経過は順調で体調管理として引き続きお越しいただいています。

妊娠までは、約週1回のペースでお越しいただきました。現在は、体調管理として通院中です。

1

« 施術例: 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 施術例: 2018年4月 »

このページのトップへ