HOME > 院長日誌 > アーカイブ > セルフケア: 2018年5月

院長日誌 セルフケア: 2018年5月

首からではない腕のしびれ

腕のしびれは、首からではない場合はあります。

首から出た神経は、肩を通って手の方まで伸びますので、肩で筋肉の緊張などで神経が締め付けられる場合は、腕のしびれになります。

特に、肩の前方の筋肉の緊張による腕のしびれはリュックサック症候群とも呼ばれ、首が悪いと勘違いして姿勢をよくすると肩の前方部分がさらに緊張して逆にしびれが強くなります。

腕立て伏せのやりすぎや、子どもを抱きかかえるなどの動作を頻繁にすると起こることがあります。

胸の筋肉を使うことになるので、そこが緊張してしまうのです。

予防法は、こまめにストレッチをすることです。

動画では、その場合のケアの方法などについてもお伝えしていますので、そうぞ参考にしてください(^_^)

動画「首からではない腕のしびれ」


腕のしびれでお困りの方は、鍼灸で治療することもできますよ(^_^)

お気軽にご相談ください。

熊本中央区のひがし鍼灸整骨院【慢性疼痛の専門院】

1

« セルフケア: 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | セルフケア: 2018年7月 »

このページのトップへ