• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > アーカイブ >

院長日誌 本

精神的ストレスにおすすめの本5選

『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』 岩見一郎(著)







個人心理学(アドラー心理学)について書かれている本です。
少し抽象的でむずかしいですが、わたくしは何回か読んでみて少しずつわかりました思います。
内容は、哲人(哲学者)と自分にコンプレックスを持って生きずらい人生を歩んでいる青年との対話形式で話が進みます。
哲人の考えに反対する青年が哲人の話によって徐々に個人心理学の考えを理解していきます。
わたくし自身、この本に書かれている考え方ができればストレスをためない様な生き方ができると思っていますので、お越しになった方にもおすすめしています。


『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー(著)





人生で成功する他の秘訣について書かれています。
内容は、題名の通り人生成功するための7つの習慣について説明されています。
目標の達成の仕方や、問題解決の方法について書かれています。
上で紹介した個人心理学の考えが取り入れてあり、それをもとにした具体的な方法論にも触れてあります。



『人を動かす』と『道は開ける』 デール・カーネギー(著)





『人を動かす』については、人を操るかの印象を受けます。しかし、実際の内容は、対人関係を円滑に進めるための考え方について具体的な事例を交えながら話されています。『道は開ける』については、問題が起こった際や悩みがある場合の対処法や考え方について触れられています。この2冊については、わたくし自身が悩みや不安などで眠れなくなったり、食欲がなくなったり、毎日が絶望的に感じた日々から救ってくれた本でした。何回も何回も読んで、考え方を自分の中に落とし込むことで立ち直ることができました。5冊の中でも、一番読みやすいと思います。
こちらの本も個人心理学の考え方が取り入れられています。



以上の、5冊がおすすめの本です。
もしよろしれば、本屋で購入してみてください。本屋にない場合は、取り寄せてもらうといいかもしれません。
インターネットだとすぐに見つかりますよ(^^♪
一度読んだだけでは意味が理解できなかったり、ピンとこないかもしれませんので、その時は3回くらい読んでみてください。
現在の考えでストレスを抱えている場合は、他の考え方を取り入れることで解決するのも一つの手段です。
本であれば、手元に残して何回も読めるのでお勧めです。
わたくし自身、本を読んで考え方を変える方法で世界の見え方が変わり、ずいぶん世の中を生きやすくなりました。
ストレスなども溜まりませんし、溜まってもすぐに受け流すことができるので、精神的なストレスからの体の不調などは今のところはございません。
当院にお越しになる方にお話をお伺いすると、かなり精神的なストレスを抱えてそれが体の不調の原因となっている可能性がありますので、わたくしの経験でよかったことを紹介することで少しでもその手助けになればと思います。


本のことについて、もっと詳しく聞きたい方は、どうぞお尋ねください(^^)

1

« 施術例 | メインページ | アーカイブ | 鍼灸の理論 »

このページのトップへ