• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > アーカイブ > 症例(不眠)

院長日誌 症例(不眠)

睡眠薬服用の不眠症

高山さんの画像(不眠)

睡眠薬の使用回数や量も減ったとのことでした。

本日は、3回目のご来院。

睡眠薬は、急に辞めてしまうと離脱症状が出てしまいます。

医師や薬剤師などにも相談して徐々に減らす必要もあります。

当院でできるのは、鍼灸のリラックス効果を利用した睡眠改善と、お薬を断薬される方には、離脱症状の中であらわれることがあるコリやこわばり、緊張への対処です。

今後も、睡眠薬を使わなくても快適な睡眠ができるように精一杯のサポートをさせていただきます。

1

« 症例(不定愁訴) | メインページ | アーカイブ | 症例(四十肩・五十肩) »

このページのトップへ