• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > セルフケア(ストレッチ) > 骨盤の見分け方とセルフケアの方法1

院長日誌

< 精神状態を健全に保つ方法  |  一覧へ戻る  |  骨盤の見分け方とセルフケアの方法2 >

骨盤の見分け方とセルフケアの方法1

骨盤の見分け方とセルフケアの方法


東の写真のサムネイル画像のサムネイル画像



こりと緊張に特化したトリガーポイント鍼灸整体

ひがし鍼灸整骨院、ヒガシです。

本日も、体の不調や痛みでお悩みの方へアドバイスいたします。

骨盤が前に倒れすぎたり、後ろに倒れすぎたりすることで腰痛が慢性化してしまうことがります。

この場合、マッサージ、電気治療、鍼治療を腰に行うことで一時的に痛みが緩和できますが、またすぐに痛みがもとに戻ることがあります。

そのような慢性腰痛の方へ、骨盤の前傾、後傾の見分け方と、効果的なストレッチ法をアドバイスします。





アドバイス動画

 



【熊本県熊本市中央区のひがし鍼灸整骨院】

腰痛でお悩みの方は、どうぞご相談ください(^^)/

初めての方はこちら


 


カテゴリ:

< 精神状態を健全に保つ方法  |  一覧へ戻る  |  骨盤の見分け方とセルフケアの方法2 >

同じカテゴリの記事

お尻から足の外側に痺れ感や違和感があるときのストレッチ

お尻筋肉ストレッチ法


お尻の筋肉が固くなり、こりができると足の下に痛みを感じたり、腰に痛みを感じることがあります。

その固くなったお尻をストレッチするとそれらの症状がすっきりすることがあります。

特に、立ち仕事が多い方は立っている状態の場合、ずっとお尻の筋肉を使っているのでお尻にこりができやすいかもしれません。

腰を延ばしたり、もんだりしてもなかなか取れない腰痛や足の違和感にどうぞお試しください(^^♪



アドバイス動画





体のこりや緊張でおこる体の不調でお悩みの方は、どうぞご相談ください(^^)/

お得なキャンペーン情報はこちら


 


五十肩・四十肩があが~るストレッチ

四十肩・五十肩があが~るストレッチ
五十肩や四十肩になったら、無理しない程度でお試しください。




こんにちは!

鍼灸こりほぐしが得意なひがし鍼灸整骨院のひがしです。



五十肩や四十肩は、関節が固まったパターンと関節が固まっていないパターンがあるかと思います。

当院で施術を行った場合は、

関節が固まっていないパターンは、比較的に治りが良い傾向で、

関節が固まったパターンは、正常に戻るまでに時間がかかりやすいようです。

夜間痛が取れて腕がある程度動くようになった場合は、私は肩のストレッチをご自宅で行ってい頂くようにアドバイスしています。

その方法を動画に掲載しました。

ある程度、動かせるようになるとご自宅でのストレッチを並行して行っていただいた方が正常に戻るまでの時間も短縮できます。



アドバイス動画





どうしても楽にならない肩の痛み、そもそも自力でストレッチできない肩の痛みでお悩みの方は、どうぞご相談ください。

ひがし鍼灸整骨院がはじめての方へ




 


春の七草がりでやっちまった腰痛をらくらくにする方法

東の写真のサムネイル画像



七草狩りのしゃがんだ姿勢で起こった腰痛は、意外なところをストレッチすると楽になることがあります!


こんにちは!

鍼灸こりほぐしが得意なひがし鍼灸整骨院のひがしです。



春の季節にはまだありますが、そろそろ春の七草狩りを楽しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

春の七草狩りの際の姿勢で多いものの一つに、しゃがむ姿勢があります。

そんなしゃがんだ姿勢を長時間続けた結果、痛くなった腰の痛みの解消をお伝えします。

腰痛を楽にして、おいしく七草料理をいただいてください(^^♪


アドバイス動画





どうしても楽にならない腰痛でお悩みの方は、どうぞご相談ください。

ひがし鍼灸整骨院が気になる方へ


肩こり治療の効果を延ばす方法

東の写真のサムネイル画像




これをすると、マッサージ効果がそこそこ伸びます!

鍼灸こりほぐしが得意なひがし鍼灸整骨院の東です。


当院には、肩こりの方が多くいらっしゃいますが、施術後に肩こりが戻りやすい方と戻りにくい肩がいらっしゃいます。

なにが、原因で戻りやすく、どうすれば効果が戻りにくいのかを分かりやすく動画説明いたします(^^)/

お時間は6分間の動画です。

肩こり解消したい方は必見です(^^♪


アドバイス動画





どうしても楽にならない肩こりでお悩みの方は

こちらをご覧ください。

ひがし鍼灸整骨院が気になる方へ


すぐにできる!一度試してもらいたい腰痛改善ストレッチ②

東の写真のサムネイル画像


こりと緊張の血行促進する鍼灸施術が得意なひがし鍼灸整骨院のひがしです。

腰痛改善ストレッチ第2弾です。

今回は、腰痛の原因の意外な場所をストレッチします。

腸腰筋といわれる筋肉です。

まずは、ストレッチ法です。


【腸腰筋のストレッチ】

腸腰筋のストレッチ法1

上の写真のような態勢で赤い部分を伸ばします。

バランスが取れなかったり、体を支えるのが辛い方は壁や柱などにつかまって行ってもOKです。

赤い部分がいた気持ちよい感じになるとストレッチできています。

20~30秒伸ばして緩めるを5セットほど繰り返えしてください。


腸腰筋ストレッチ2

さらに伸ばせる方は、膝を曲げて体を前方に滑らせてください。

これにより、さらに目的の筋肉をストレッチすることができます。




【腸腰筋の指圧】

ストレッチでは、あまり効果がない方は指圧も試してください。

股関節の前方部分なので、仰向けになれば自分でも指圧することができます。

腸腰筋の位置確認

指圧する位置は、腰骨の下にあたります。

立った状態で腰骨の位置を確認して、それよりも下を押すことになります。




腸腰筋の指圧

立った状態だと腹筋の緊張もあり、目的の筋肉に達しませんので仰向けに寝た状態で行います。

さらに股関節を曲げた状態で身体を反対側に捻じると、目的の筋肉に指が入りやすいです。(捻じるのがきつい方は、無理に捻じる必要はありません。)

押した部分が硬くなっていたり、奥に響くような鈍痛があるばあいは20~30秒ほど押したままにしてください。

特に、左右を比べて特に痛い側は重点的に行います。

20~30秒押す→5秒緩める→20~30秒押す→5秒緩めるの繰り返しです。(5セットほど行うといいと思います。)

いた気持ち良いくらいの刺激で行ってください。



【腸腰筋トリガーポイント】


腸腰筋トリガーポイント

腸腰筋は、太ももの骨の内側から始まり、骨盤と腰骨についています。骨盤に向かうものを腸骨筋、腰骨に向かうものを大腰筋といいます。二つ合わせて腸腰筋です。

この筋肉がかたくなり、こりができるとそのこり(トリガーポイント)が原因で腰が痛くなります。

特に、デスクワークなどで長時間座ったままだと、股関節が曲がった状態なので血行も悪くなり腸腰筋が硬くなることがあります。

腸腰筋をストレッチしたり、指圧したりすることで血行がよくなります。

そうすると、トリガーポイントもなくなり腰がかなり楽になる場合もありますので、ぜひお試しください。


なかなか、良くならない腰痛はひがし鍼灸整骨院にご相談ください。

 

このページのトップへ