HOME > 院長日誌 > セルフケア > 夏の腹痛には、これ!!

院長日誌

< 自然治癒力を促進して体のこりを楽にする方法  |  一覧へ戻る  |  当院の治療の施術回数、期間や経過のまとめ(痛み編) >

夏の腹痛には、これ!!

カイロのサムネイル画像

夏になると、アイスクリーム、ジュース、ビール、かき氷など冷たいものをとる機会が多くなります。
また、クーラーをつけて寝てお腹を冷やしてしまい、朝からおなかの調子が悪いこともあるかもせれません。

冷たいものをとりすぎたり、おなかを外部から冷やしてしまうと、内臓が冷えて、下痢や腹痛の原因になります。

それでも、やめられなくてやっちゃうパターンもあるかもしれません。
今年も、かなり暑くなってきましたしね(^-^; そこで、、おすすめなのがおなかにカイロを貼るです。
痛いところに貼るだけでいいですよ。 痛くなってからでも、内臓の冷えで痛みがある場合はカイロを貼ってみると効果てきめんで、すぐに痛みが楽になったりもします。

冷たいものをとりすぎておなかが痛い、もしくはクーラーの室内でお腹が痛いなどやっちまった方は、どうぞお試しください(^^)/
ビールでおなかをくだしてしまう方は、事前の策として飲み会の前にカイロを貼っておくのもいいかもしれませんね。
最近は、カイロが売ってないかもしれませんが、直貼りカイロはどこの薬局にもあります。

ちょっとお高めですが、お試しください。 めぐリズムの蒸気の温熱シートなどおすすめです(^^)/

カイロが欲しい方は、当院にお越しの際にカイロが欲しいと言っていただくと服の上から貼るタイプのカイロを差し上げます(^^♪

カテゴリ:

< 自然治癒力を促進して体のこりを楽にする方法  |  一覧へ戻る  |  当院の治療の施術回数、期間や経過のまとめ(痛み編) >

同じカテゴリの記事

自然治癒力を促進して体のこりを楽にする方法

体のこりを自然治癒力を促進することで楽にする方法をお伝えします。

血行を促進して自然治癒力を高めます。

鎮痛薬で痛みは、一時的に取れるかもしれませんが、だんだん効かない、胃腸の調子が悪くなるなどの副作用もあります。

また、一般に薬局で売られている鎮痛薬は解熱鎮痛薬や消炎鎮痛薬です。

読んで字のごとしで、熱を抑えることで、痛みを楽にするため、そもそも体が冷えやすくなる、また、熱が奪われることで本来の自然治癒力を阻害してしまう可能性があります。

痛みが強すぎて精神衛生上よくなかったり、眠れないなどの二次的な体の害がある場合は一時的に使うといいと思いますが、ずっと頼りすぎてしまうのは、体の健康を害する要因になりかねないです。

少しでも薬に頼らないようにするため、鎮痛薬に頼らずに痛みを楽にする方法をお伝えします。



まずは、道具を使った方法です。

量販店の健康グッズ売り場には必ずといっていいほどあるものですので、容易にお手頃(1000円前後)に手に入ります。

体のこりや緊張しているところを抑えることで血行促進します。

凝り取りグッズ



使い方はいたってシンプル、痛いところやこりこりしているところを押すだけです。

適度な強さでいた気持ち良い程度に押さえてください(^^)/

肩こりはこんな感じ。

意外と、背中の方まで届きます(^^♪


こり押し1


腰は、こんな感じです(^^)

真ん中の方まで押せます。


こり押し2


ご家族でこりをマッサージしあうのもいいかもしれませんね(^^)

そのほか、指圧やマッサージの健康グッズもさまざまあるのでおすすめですよ。




次は、カイロで温める方法です。

こちらも、いたってシンプルです。

痛いところやこりこりしているところにカイロを貼るだけです。

カイロは、服に貼るタイプと、肌に直貼りするタイプがあります(^^♪

就寝時は、火傷するといけなにので、はずしてくださいね( ゚Д゚)

特に、朝からこわばって痛い方は、朝から貼るといいかもしれません。

左が直貼りで、右が服に貼るタイプです。

直貼りは服に貼るタイプより少し、値段がお高めでございます。

夏場は、服に貼るタイプは手に入りずらいですが、直貼りはどこの薬局にも販売されてます。

服に貼るタイプはネットショッピングで手に入るかもしれません。


カイロ


背中のこりや肩こりに直貼り貼ってみました(^^)/

肩こりカイロ


腰には服の上からのタイプを貼ってみました。

腰カイロ


夏場でもクーラーなどで案外、体が冷えていることがあります。

どうぞ、お試しください(^^)

そのほか、痛みやこりを感じてきたら体が無理をしていますよー!っとサインを送っていますので、無理をせずに休むことも必要です。

鎮痛薬で痛みを抑えて頑張るのもいいですが、やりすぎるとそのうちしっぺ返しが来てさらに痛みが増したりする可能性もあります。

疲れたら、休みを取って温泉などでゆっくりするのもおすすめです(^^)

痛みや体の不調がどうしても楽にならないときは、どうぞご相談ください。

首からではない腕のしびれ

腕のしびれは、首からではない場合はあります。

首から出た神経は、肩を通って手の方まで伸びますので、肩で筋肉の緊張などで神経が締め付けられる場合は、腕のしびれになります。

特に、肩の前方の筋肉の緊張による腕のしびれはリュックサック症候群とも呼ばれ、首が悪いと勘違いして姿勢をよくすると肩の前方部分がさらに緊張して逆にしびれが強くなります。

腕立て伏せのやりすぎや、子どもを抱きかかえるなどの動作を頻繁にすると起こることがあります。

胸の筋肉を使うことになるので、そこが緊張してしまうのです。

予防法は、こまめにストレッチをすることです。

動画では、その場合のケアの方法などについてもお伝えしていますので、そうぞ参考にしてください(^_^)

動画「首からではない腕のしびれ」


腕のしびれでお困りの方は、鍼灸で治療することもできますよ(^_^)

お気軽にご相談ください。

熊本中央区のひがし鍼灸整骨院【慢性疼痛の専門院】

肩こりセルフケア(動画)




耳鳴り、難聴、めまい、眼精疲労など顔の症状や、腕のしびれ、だるいなどの症状は肩こりと併発していることが多いです。

そのため、肩こりを放っておくとさらに悪化してその他の症状が出る可能性があります。

また、自律神経の乱れとも関係するので、肩こりがひどい場合は休む、無理をしないなども一考です。

肩こりがしんどい時は、温泉に行ったり、マッサージしたり、鍼治療を受けたりして、自分でケアしたりしてぜひ肩こりが悪化しないようにしてくださいね(^^)

動画でお伝えしている、ツボ押しマッサージ器は量販店にも1000円程度で売られています。

私は、ミスターマックスで購入しました。

名前が、「鬼の恩返し」というツボ押し器で、いいとこ入れば鬼効くらしいです(^^)






友だち追加

LINEでは、お得なキャンペーン情報も配信しています。

施術についてやお悩みなども、なんなりとお気軽にご相談ください。

このページのトップへ