• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > ストレス回避術 > スポーツ根性論への対策

院長日誌

< 不眠の原因と対策  |  一覧へ戻る  |  治療と薬とセルフケアの関係 >

スポーツ根性論への対策

当院は、保険も取り扱っておらず学割などもないので、中学生や高校生のスポーツ選手が来る機会はそれほど多くないのですが、たまに体が痛いという中高生のスポーツ選手が来ます。

その子たちをみて感じるのは、いまだに根性論が根強いのか、痛みをこらえて無理して練習をしていることが多いことです。

その場合、監督が怖いから言いにくい、話しても休ませてもらえない、レギュラーから外されるかもしれないというのがあるようです。

痛みがあるときは体が休めというサインを送っているので、休むのが基本ですがそれができずらいようです。

体の不調を訴えることができないチームの状況はあまりよろしくないかと思います。

痛みを無理して練習を継続することで、そもそも本当の目的である大切な大会での勝利も危うくなります。

まして、子供はまだ将来があるので、体を壊してスポーツができなくなったらどうするのでしょうか。



しかし、それを言ったところでどうしようもないので、穏便に監督を説得する方法を紹介しようと思います。

相手にもよりますので、必ずうまくいく保証はありませんが、悪しからず(^-^;



まずは、自分の体の状況を伝えることで、理解ある監督はすぐに了承してもらえるかもしれませんので、まずはそれを伝えることが大切です。

それでも休ませてもらえない場合や怖くて休ませてもらえる気がしない場合は、自分がいま休むことはチームのためになるし、ひいては監督にもメリットがあることを伝えるのも一つの手かもしれません。合わせ技でデメリットを伝えるのもいいかもしれません。

例えば、痛めた時点で大切な試合が1か月先に控えている場合

1.今、痛いので休みたいが、休んでもいいか?と尋ねる。
導入部分は、疑問文が大切です。休みたいで終わってしまうと、相手に指図する印象を与えてしまい、相手はよく思わないかもしれません。

2.今、せめて1週間でも休ませてもらえると1週間後から練習に復帰して1か月後の試合には、ベストコンディショニングで臨める可能性も高くなる。そうなると、チームの勝利に貢献できる、もしくは自分が勝利できる。
勝利は監督のメリットであり目標でもあるので、ここまで伝えればO.K。

3.痛みを我慢して無理をしてしまうと1か月先の大切な大会まで引きずってしまい、しっかりとしたプレーをできない可能性が高くなる。そうなると、チームの勝利に貢献できないかもしれない。

以上の3点を考えて監督と話すと意見が通りやすいかもしれません。

あらかじめ、自分が休みたい期間よりも長めに伝えるのもいいです。
1週間休みたければ、2週間にしてもいいでしょう。
こうしておくと、2週間で長いといわれた場合、妥協案がじゃあ1週間でというところに落ち着く可能性が高くなります。
人間、1度断ると、2度目は断りずらい潜在的な意識が働くそうです(^^)

また、休みは長めに取りましょう。

2~3日程度にしてしまい、3日目にまだ痛いのであと2~3日などを繰り返していくたびにいいずらくなりますし、相手に不信感を抱かせてしまう結果になります。

体が痛くて練習できないときは、おもいきって休みましょう(^^)

長めにしておくと、実際は短く済んだときはそれはそれで相手にプラスの印象を与えることができるかもしれません。



自分の都合のみを伝えると、相手は感情的になってしまい反論の余地も与えやすくなります。

しかし、相手や仲間の都合やメリットを考えた話し方をすると反論の余地がなくなりますし、なによりもチームのことを考えて
いるというのは、相手の心打つものがあります。

監督に好印象を与えて、試合のメンバーからも外されにくくなるかもしれません。

すべての方に通用するわけではありませんが、少なくとも痛いから休みたいという自己都合のみをただ訴えるよりも意見が通りやすくなるのではないでしょうか。

監督への恐怖やレギュラー選手から外される恐怖に流されて体を壊すより、勇気を持って自分で自分の体を守る意識も大切かもしれません。

どうぞ、お試しください(^^♪

体が痛いときに無理は禁物です。



熊本 スポーツ 障害
ひがし鍼灸整骨院

カテゴリ:

< 不眠の原因と対策  |  一覧へ戻る  |  治療と薬とセルフケアの関係 >

このページのトップへ