• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 院長日誌 > セルフケア > 腰を後ろに倒すと真ん中が痛くなる腰痛解消は、これで決まり!

院長日誌

< 春の七草がりでやっちまった腰痛をらくらくにする方法  |  一覧へ戻る  |  お尻や坐骨神経に沿った痛みは、〇〇〇歩きが原因かもしれません。 >

腰を後ろに倒すと真ん中が痛くなる腰痛解消は、これで決まり!

東の写真のサムネイル画像



腰を後ろに倒したときに真ん中が痛い場合は、お尻の筋肉のこりが原因かもしれません。




こんにちは!

鍼灸こりほぐしが得意なひがし鍼灸整骨院のひがしです。



今回も、腰シリーズです。

腰を後ろに倒すと痛みがある場合に、腰をマッサージしたりしてもなかなか痛みが取れないときは、原因は腰ではなくお尻にある場合があります。

トリガーポイントと言われたりもしますが、お尻の筋肉のこりが腰の中心部に痛みを飛ばすことがあるのです。

この場合、腰をマッサージしても痛みが変わらないのが、お尻を適切に指圧するとかなりスッキリすることがあります。

下の図のように、×(バツ)印のこりによって、赤い真ん中の位置に痛みを感じることがあります。

図からも分かるように、痛いところからもかなり外れている、お尻の外側ですよね( ゚Д゚)

関連痛といいますが、この場合、お尻を緩めなければ腰の痛みが取れない可能性があります。


中殿筋トリガーポイント


以上を踏まえてアドバイス動画をご覧下さい(^^♪

硬式テニスボールを使ったやり方を解説します。

これで、あなたの腰痛もスッキリらくらくになるかもしれない(^^)/


アドバイス動画





どうしても楽にならない腰痛でお悩みの方は、どうぞご相談ください。

ひがし鍼灸整骨院が気になる方へ




 


カテゴリ:

< 春の七草がりでやっちまった腰痛をらくらくにする方法  |  一覧へ戻る  |  お尻や坐骨神経に沿った痛みは、〇〇〇歩きが原因かもしれません。 >

同じカテゴリの記事

抱っこで痛い手首の痛みには、これだ!

抱っこによる手首の痛み


抱っこで痛い手首の痛みは、腕を指圧すると楽になることがあります!


おはようございます(^^♪

ほぐしの鍼灸が得意なひがし鍼灸整骨院の東です。

私の妻は、娘2人を抱っこするので手首が痛くなることがあります
 

妻に限らず他の方も、子どもを抱っこすると手首が痛くなることがあるようです。

当院にお越しの方も、そのような方がちらほらいらっしゃいます。
 

子どもは、だんだん大きくなるし、手首は痛いしで大変ですよね( ゚Д゚)
 

手首の痛みは、鍼で施術すると比較的に早くに楽々になりやすい症状です。

しかし、「鍼治療なんて受ける時間はないわよ!」というあなたにお伝えします(^^♪


手首の痛みを鍼ではなく自力で痛みを緩和する方法です。
 

諸説あるかもしれませんが、私の経験から‥
 

手首の痛みは、実は手首と肘の間の筋肉の緊張で起こることもあります。


手首の痛み



その場合は、手首と肘の間を指圧するといいです。
 

ほぐす場合は、痛気持ち良い程度の指圧で満遍なくゆっくり押すといいと思います。

こんな具合に・・・

腕の指圧

 

さらに、腫れや熱感がなければ、手首に消炎鎮痛の湿布を貼ったり冷やすのではなく、むしろカイロで温めた方がいい場合もあります。

カイロは痛いところに当てるといいですよ(^^)/
 

カイロ療法で、痛みが悪化するのであれば中止で、気持ち良かったり痛みが楽になるのであれば続けてみるといいかもしれません。





どうしても手首の痛みでが取れなくてお悩みの方は、どうぞご相談ください(^^♪

ひがし鍼灸整骨院にお越しの方へ
 


自律神経が整うリラックス灸は、ここだ!

東の写真のサムネイル画像

こんにちは。

こりや緊張を緩る血巡り鍼灸が得意なひがし鍼灸整骨院の東です。

今回は、セルフケアと行うのにおすすめなお灸を置く場所をお伝えします。

お灸は、ほとんどのドラッグストアで手に入りますので、興味がある方はお買い求めください。

今回お伝えするツボは、かなり効果的です。

どのように効果的かといいますと・・・

まず、気持ちいい!

体調不良に良し!

風邪予防にも良し!

リラックス感がものすごい!

しかも、簡単!

という秘伝のツボなのです。

それでは、お伝えします。

名前は、華陀狭脊穴(かだきょうせきけつ)といいます。

華陀さんは、中国の名医の名前です。

三国志にも登場しますよ(^^♪

場所を教えますね。

背骨の中心線から親指の横幅半分外側です。


自律神経のつぼ

真ん中の丸が胸椎(胸の背骨)、四角は腰椎(腰の背骨)、左右の点がつぼの位置です。



IMG_0303.jpg

わかりやすいように親指に印をつけました。
実際は、だいたいで構いませんので、印はつけなくてもいいですよ(^^♪


IMG_0304.jpg

こんな感じで指を置いて位置を図るといいですね。
しかし、あまりきっちりしなくても、だいたいでもOKです(^_^)

すべての点にお灸をしてしまうと、もくもくして大変なことになるかもしれませんので、感覚を適度にあけてお灸を置いてみてください(^^)/


灸の写真を撮っていなかったのですが、

鍼でするとこんな感じです。


置鍼動画のサムネイル画像


華陀狭脊穴は、私の施術の際も多用しており一定の効果も上げています。

お灸は、煙たくなるのが難点ではありますが、自分で気軽にできるセルフケアとしてはいいかと思います。

ぜひ、お試しください(^^)/



体の不調が気になる方、つぼの位置がいまいちわからないのでアドバイスが欲しい方、いつでもご相談ください(^^)/


ひがし鍼灸整骨院が気になる方へ

自分でできる3つの自律神経調整法

東の写真のサムネイル画像

こんにちは。

ひがし鍼灸整骨院の東です。

自分でできる自律神経の調整法についてお伝えします。

自律神経は、リラックス神経(副交感神経)と活動神経(活動神経)からできている神経です。

リラックス神経と活動神経は、お互いに天秤の関係です。

片方が高くなると、片方が低くなる関係にあります。

自律神経失調症などと言われる毎日日替わり症状がころころと変化する病気がありますが、これはこの二つの神経のバランスが崩れた状態で起きます。

今回は、このような自律神経を自分で調整する方法をお伝えします。





深呼吸


1.呼吸

呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸があります。

それぞれ、胸式呼吸が活動神経を、腹式呼吸がリラックス神経を高くします。

胸や肩のみで呼吸する浅い呼吸が胸式呼吸で、腹部で大きくする呼吸が腹式呼吸です。

最近、ストレスなどで胃が痛い、肩がこる、頭痛がするなどでお悩みの方は、ぜひ自分の呼吸を確認し見てください。

知らず知らずのうちに浅い呼吸(胸式呼吸)になっているかもしれません。

その場合は、腹式呼吸を意識してみましょう。


《簡単な腹式呼吸のやり方》

1.まずは、手足を大きく開き大の字に仰向け(上向き)の姿勢で寝て脱力します。

2.両手てを腹部に当てます。

3.大きく息を吸ってお腹が膨らむことを意識します。

4.吸った息をお腹が凹むまでしっかり吐きます。

※ポイントは、10秒で吸って10秒で吐くようなゆっくりした呼吸を行うことです。




ヨガ

2.運動


運動には無酸素運動と有酸素運動があります。

無酸素運動は、息を切らすような比較的に激しい運動で活動の神経を高めます。

有酸素運動は、息が切れないようなゆっくりとした動きの運動でリラックス神経を高めます。

ストレスで疲れ切った体に、筋トレやきついランニングなどの無酸素運動を行と逆に更なる不調を招く可能性あります。

仕事で疲れた週末などは、無酸素運動ではなくヨガ、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れると仕事の始まりもすっきりしますよ。

筋トレなど日課にしている人も、体の不調があるときは無理に続けないほうが健康に良いこともあります。




入浴している足

3.入浴

入浴するとリラックス神経を高くすることができます。

こつがありますので、お伝えいます。

まず、湯船の温度は40~41度(夏は40度、冬は41度)に設定して10分間つかります。

10分浸かった後は、5分くらいぼーっとして下さい。

テレビ、スマホ、パソコンはせずにただ、ただ、ぼーっとしてください。

入浴後は、リラックスのためのゴールデンタイムなのです。

入浴後のぼーっとする時間を作ることで、自律神経をさらにリラックスモードにできるでしょう。



以上、3点をまだお試しではない方は是非お試しください。

自律神経を自分で調整できると、体の不調も随分楽になりますよ(^^♪





どうしても、体の不調が楽にならない方はどうぞひがし鍼灸整骨院にご相談ください。


ひがし鍼灸整骨院にご相談される方へ


自分でできる3つの自律神経調整法の続きを読む

冷え性にお悩みの方のための5つの重要チェックポイント

東の写真のサムネイル画像
こんにちは。

体の緊張やこりへの血巡り鍼施術が得意なひがし鍼灸整骨院の東です。

現在、冬の真っただ中ですね。

毎年、冷えでつらい思いをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本日は、冷え性でお悩みの方のためのチェックポイントをお伝えします。




1.痛み止めの使い過ぎ注意

痛み止めは、血管を収縮させますので、血液の流れが悪くなり冷えの原因となります。

たとえば、最近は市販薬でメジャーとなったロキソニンは解熱鎮痛薬です。

読んで字のごとし、熱を解いて鎮痛するので冷えの原因の一要因になりえます。



2.運動不足の解消を

運動を不足は、筋力の低下を招きます。

特に、ふくらはぎの筋肉は第2の心臓といわれています。

ふくらはぎの筋力低下は全身の血行に影響しますし、足の冷えの原因になります。

ふくらはぎをしっかり使って運動をしましょう。

まったく運動ゼロの方は、まずは2~3日おきでもいいので20~30分程度のウォーキングを初めてみてください。




3.寝るときは、靴下よりもレッグウォームがいいかもしれない

これは、すべての人に当てはまるかわかりませんので、靴下をはいて就寝しているけど足が冷えて目が覚める方はあえて靴下ではなくレッグウォーマーをお試しください。

理由は、足先を温めることにより汗が出てその汗が冷えの原因かもしれないためです。




4.足の冷えは、腹巻をする

腹巻をすることで、腰の血行を促進できます。

足の血液は腰を通りますので、腰から血行が良い状態を作ると足が温かくなる効果が期待できます。




5.冷えたビールやジュースはほどほどに

内臓を冷やすと冷えの原因になります。

ビールを熱燗にかえるなどの対策を行ってみてください。

どうしても、ビール!の場合は、ビールの後にお茶を飲んでみてください。



以上のチェックポイントを実践しても毎年のように冷え性に悩んでいる方はどうぞ、ひがし鍼灸整骨院にご相談ください。


ひがし鍼灸整骨院がはじめての方へ



読書でストレスケアはいかがですか?

東の写真のサムネイル画像



緊張とこりほぐしに特化した鍼灸施術が得意なひがし鍼灸整骨院のひがしです。

当院にお越しになる方の中には、腰痛、ひざ痛などの運動器系の疾患だけではなく、精神的なお悩みを抱えた方もいらっしゃいます。

お仕事のストレス、夫婦間のストレス、将来の不安のストレスなどいろいろな精神的ストレスや苦痛のお話をお伺いします。

そのような方に、おすすめするのが読書であります。

読書がなぜ良いのかというと繰り返し読めるからです。

文字を視覚でとらえて、重要なことは口に出せば目と耳、口で本の内容を感じることができます。

1度で3度おいしいのです。

本は、ご自分に合ったものを選ばれるのがいいでしょう。

なにが良いかわからない方のために一冊の本をご紹介します。

「道は開ける」デール・カーネギー著です。

いろいろな悩みについて、具体的な例を交えて書かれているのでとても分かりやすいです。

442ページのボリュームの本ですので、読むのにも時間がかかるかもしれません。

しかし、書かれている内容は本質をついていて腑に落ちるものばかりです。


デールカーネギー写真
デール・カーネギー




〇本を読んで思考の癖を変えて見よう


いままでの経験や現在の境遇によって人は思考の癖みたいなものを身に着けると思います。

特になにごとも上手くいかないときは、いわゆるマイナス思考になっていますので、過去の思い出も灰色がかることもあるのかもしれません。

それで不安やイライラなどの悪循環のままで生活していると心身症と言われるような状態になってしまいます。

そんな思考の癖や習慣は、そのまま惰性に任せているとなかなか矯正されません。

無理にポジティブ感を出しても長続きしなかもしれません。

そこで、繰り返し繰り返し本を読んで、その思考の習慣を変えてみるのです。

「道は開ける」にも書かれていますが、繰り返し読むのが重要です。

そして、繰り返し実践することです。


読む→実践→読む→実践の繰り返しです。

新しい習慣を身に着けるときは、繰り返し以外にありません。


なにを読んだらいいかわからない方には、私は「道は開ける」をおすすめします。

有名な本です。

古本屋でも安く手に入るかもしれません。

アマゾンには確実にあります。

どうぞ、ご参考にされてください(^^♪




〇今日一日の区切りで生きる

最後に、「道は開ける」から、私が気に入っている文をご紹介します。

「明日のことは考えるな。明日のことはあす自身が考えるだろう。一日の苦労はその一日だけで十分だ。」




鍼灸にはリラックス効果があります。

精神的ストレスで緊張して固くなった体が楽になります(^^)/

なかなか、こりや緊張が取れない方はどうぞご相談ください。


ひがし鍼灸整骨院が初めての方へ


このページのトップへ