• 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 症例集 > 【重症腰痛】仰向けに眠ることができないほどの強い腰痛

症例集

< タイミング法と鍼灸で不妊治療の症例  |  一覧へ戻る  |  【重症腰痛】仕事中に椅子から立ち上がる際に起きた腰痛 >

【重症腰痛】仰向けに眠ることができないほどの強い腰痛

60代男性

以前は、足のしびれはあったが、2日前に自転車にのったら、腰、お尻、太ももに強い痛みが出るようになった。
もともと、病院ではヘルニアとの診断を受けている。
2日前からの痛みは、かなり強く、歩行困難で、就寝は仰向けになることができないので、椅子で座って寝ている。

これまでは、整形外科の腰の牽引や整体院で症状を緩和してきたが、今回の痛みは強いので早くなんとかしたい。


所見
腰を伸ばすことや動かすことができないので、ベッドに横向きで触診のみ行った。

触診でわかったこと
股関節の前、お尻、太ももに強い緊張がある。
腰の骨の下方(L3~S1付近)を拳で軽くたたくと足に響く感じがする→腰周辺の神経症状

以上から、腰やお尻、股関節の前方への針施術で筋肉の緊張を緩和して血行促進を行うことで症状の早期解決を試みた。

初回
とくに左側の痛みがつらいとのことなので、左上にして横に寝た状態で施術を行った。
ヘルニアの診断を受けていることから、とくに根本的な原因は腰にあると考え、腰骨の硬い箇所に集中して鍼を行った。
股関節の前方部分は、痛みが強く出るのでとくに慎重に痛みの具合を確認しながら鍼を打つ。
臀部は、原因の筋まで鍼を到達させるために眺めの針でしっかり鍼を打った。


2回目(初回から2日後)
歩行はしやすくなったが、まだ仰向けで寝ることが出来ない。
痛みが強いため、体を動かしての検査はできず
施術は、前回と同様


3回目(初回から4日後)
痛みが強くて鎮痛薬が効かない。
効かないばあは、針の効果の妨げになるので、鎮痛薬はやめるようにアドバイスした。
施術は、前回同様


4回目(初回から1週間後)
腰が伸びるようになったが、おしりや足はしびれる
少しずつ仰向けになれるようになってきたが、まだ就寝時は座って寝ている
施術は前回同様

5回目(初回から2週間後)
完全に仰向けになると腰が痛むが、上半身をひねることができるまでにはなった
痛みが緩和されてきたので、針の本数を減らす。

6回目(初回から3週間後)
仰向けになれるようになった。
仰向けになると膝下の外側が痛くなる。

腰と臀部の針の本数を前回よりもさらに減らし、膝や太ももにも鍼を行い筋肉の緊張を取るようにした。


7回目(初回から約1ヶ月)
仰向けに楽になれるようになり、夜も座った状態ではなく横になって眠られるようになった。
歩行も問題ない。


痛めたのが2日前で、ぎっくり腰(急性腰痛症)のようですが、今回の症状はヘルニアの症状などがもともとあったので、それが悪化した症状でした。ぎっくり腰は1回の施術でかなり良くなる場合もありますが、今回のようにしびれを伴うような症状は1回での治癒は難しいと思われます。
でも、なんとか1ヶ月で普通に生活できるようになっていただいてよかったです(^_^)


< タイミング法と鍼灸で不妊治療の症例  |  一覧へ戻る  |  【重症腰痛】仕事中に椅子から立ち上がる際に起きた腰痛 >

このページのトップへ