症状別施術法

  • 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 症状別施術法 > 痛みやしびれ > 四十肩・五十肩の治療

症状別施術法

< 腕の痛みやしびれに対する治療  |  一覧へ戻る  |  肩こりの治療 >

四十肩・五十肩の治療

四十肩・五十肩


肩の痛みでお困りの方は、お越し下さい。
次の症状でお悩みではないでしょうか?


 
□ 腕を上げると痛みが出る

□ 洗濯物を干す際に、腕が挙がらずに困っている

□ 朝起きたら腕が痛くて動かせない

□ 肩が固まって動かせない

□ 運動する際に肩が痛くて、スポーツを楽しめない

□ 夜に肩が疼いて眠ることができない



四十肩・五十肩にはひがし鍼灸整骨院の鍼灸整体をお試しください。


腕は挙がるが方に痛みがあったのが・・・

腕が上がる場合は、比較的に早く痛みが取れてスムーズに上がるようになります。


関節が固まって腕が上がりにくい肩の痛みが・・・

関節が固まった場合は、鍼灸で固くなった筋肉をほぐして、整体で徐々に動かせるようになります。


夜中にうずいて眠れない肩の痛みに・・・

血行が悪くなると、痛みを発する物質や炎症物質が蓄積されて夜間に痛みが強くなることがあります。

鍼灸で血行を促進して夜間痛が楽になる可能性があります。







四十肩・五十肩の治療

四十肩や五十肩は肩の関節の周囲の炎症(肩関節周囲炎)です。

その炎症の状態によって、症状の進行度合いも変わり、治療回数も大きく変わります。

ひがし鍼灸整骨院では、四十肩や五十肩の治療を行う際は、治療計画を作成して施術を行っていきます。

施術計画を立てるにあたり、症状の進行に応じて4つに分類します。



ひがし鍼灸整骨院のほぐしの鍼灸整体が行う治療方法


腕は上がるが痛みがある場合

鍼の鎮痛効果を最大限に生かします。

整体よりも鍼灸が中心の施術になります。



就寝中に肩が痛い場合

鍼の鎮痛効果を最大限に生かします。

無理に動かすと悪化する恐れがあるので、整体よりも鍼による施術が中心になってきます。




腕が上がらない場合

腕が上がらない場合は、本人が力を抜いた状態で他の方が腕を上げようとして(他動運動と言います。)も関節が固まって上がらない状態です。

肩の周辺の筋肉の緊張やこりを鍼で刺激して、柔らかくなった状態に整体を行い、徐々に関節が動きやすい状態にしていきます。

鍼灸よりも整体による関節を動かす施術が中心になります。



当院の鍼灸整体は、初回顧客満足度92.8%


当院、独自で初めてお越しの方に対してアンケート調査を行いました。
できる限りお客様の声の信ぴょう性を高めるために、匿名はがきに質問事項を記入して、はがきを送付していただきました。
さらに、初診の方に限定した結果を公表します。
当サイト内のお客様の声ページに、はがきの一部を掲載しています。

客観的なデータにより、初回の方に対する当院の鍼灸整体の高い満足度と効果が証明されました。



満足度調査


鍼灸はがき集計


アンケートはがきはこちら(患者様の声)




四十肩・五十肩の進行ステージ分類


第1期 筋肉と腱の炎症

腕を上げたり、後ろに回したりすると肩に痛みがありますが、正常な方の肩と比べてほとんど変わらないくらいまで動かせるか、少し動かす範囲が狭い程度の状態です。


第2期 肩峰下滑液包の炎症

肩の筋肉や腱の下にある滑液包という関節の袋まで炎症が進行しています。

肩を動かすと痛みがある上に、動かさなくてもジンジンと痛みが出る状態です。夜に寝ている際にも痛みがでることもあります。


第3期 関節炎

第2期がさらに進行した状態で、痛みが最高潮となります。寝ている際にも、肩の痛みで目が覚めたり、眠ることができないほど痛みがでたりします。


第4期 拘縮

痛みは、落ち着いてきますが、それとは対照的に肩の関節が固り始めます。

動かせる範囲が狭くなっていき、痛みで動かせないというよりも、固まって動かせない状態になります。

拘縮した状態が長い方は、筋肉が萎縮(弱た状態)した状態になり、正常な肩の筋肉に比べると痩せたように見えます。




治療回数と治療方針


第1期

比較的に早期に、痛みが取れてしまう場合がほとんどです。

治療回数も、1~5回で問題は解決します。

治療方針は、鍼治療と整体(もみほぐし)を加えながら、まずは患部の痛みを取ることを中心に施術を行います。


第2期

個人差や生活習慣もあり、今後、第3期、第4期に移行するかによって治療回数や期間も大きく変わってきます。できる限り、安静が必要となる時期です。

この時期に無理に肩の運動などを行ってしまうと、悪化してしまう場合があります。治療方針は、鍼を中心に行い、痛みや炎症の緩和を行います。

整体は行わずに、鍼で肩の痛みや炎症を抑えていきます。

とくにお仕事や家事などで腕を動かす作業についてや、就寝時のアドバイスが重要になりますので、日常生活や就寝の状況などもお伺いして適切なアドバイスを行っていきます。


第3期

痛みがかなり強くなります。基本的に第2期と治療方針は変わりませんが、痛いの状況によってはパルス(電気の鍼)も行い痛みの緩和を行っていきます。


第4期

痛みが落ち着いたころに、関節が固まった状態になります。第3期と第4期の判断は就寝時の痛みの有無や腕を動かした際の痛みの具合により判断していきます。

この時期になると、関節の拘縮(固まった状態)を解除するために積極的に整体(患部をほぐしながら、関節を動かす)を行います。

また、さらに第4期が進行すると肩の筋肉が萎縮してしまい、正常な側と比べると肩の肉が痩せた状態になります。

この状態の場合は、筋肉をつける必要もでてくるため肩が上がるようになるまでかなりの時間がかかります。

肩が動く範囲を広げるために、ご自宅でも肩の運動を行っていただきます。



以上のどのステージであるかによって、治療回数も大きなバラつきがあります。

また、どこのステージまで進行してしまうかは、個人差や生活習慣が関わってきます。

2期までで痛みがなくなってしまう場合もありますし、第4期まで進行してしまう場合もあります。

施術を行いながら経過を見ていかないと、どのような過程をたどるかはわかりません。

症状の進行を食い止めるには、炎症期には肩をできる限り安静に保ち、炎症がある程度落ち着いたころにしっかり肩を動かし始めることが重要になります。



当院の治療

当院で、四十肩や五十肩の治療を行う場合は、局所の施術を中心に行います。

局所施術では、押して痛い場所の確認を入念に行い、その部分に鍼を打ちます。

また、関節の検査で異常がある場所にも鍼を刺すことで痛みを抑えていきます。

症状に応じて置鍼単刺、整体(もみほぐしながら関節を動かす手技)を使い分けます。

通常は、置鍼単刺で痛みの緩和を行いますが、とくに第3期などで痛みが強くて夜間痛が顕著な場合はパルス鍼を行います。

整体を行うのは、拘縮期に入ってからです。

また、安静にすべきときには就寝の仕方なども含めてアドバイスを行い、運動が必要な場合は運動の行い方も含めてアドバイスいたします。




施術計画について

まだ、第1期のような症状の方は、第1期のうちに治療で痛みを緩和してしまえば早期に痛みを緩和できる場合が多いです。

まだ第1期でとどまっている方は、こじらせる前にできる限り早く治療を受けていただくことをおすすめします。

第2期まで進行している方は、施術も複数回必要となる可能性があります。

その場合は、治療の計画や通院間隔や目安の期間などをお伝えします。

施術の過程でも、施術前と施術後の腕の上がり具合や、痛みの状態を比較して症状の改善具合を確認しながら、治療を行っていきます。

また、症状の進行具合に応じた運動や日常生活上のアドバイスもさせていただきます。

ご自宅でもアドバイス事項を実践していただくことで、できる限り早期に症状が緩和するようにしていきます。




 

あなたにあった刺激量で、はじめてでも安心!

 


20181105124159-c0769972f4f5d14c0d5d2cc624d4c9ec6b441217.jpg
使用する鍼はすべて使い捨てです。
このように、袋に入れられていますので、施術ごとに袋から出して使用します。
そして、施術ごとに廃棄しますので、衛生上は問題ありません。
太さにより色分けされています。
当院で使用する鍼の太さは、0.12mm~0.3mmです。
注射針は、0.4mm~1.2mm。髪の毛は、0.06mm~0.1mmです。
実は、一番太い針でも注射針よりも細いです。
細いものだと髪の毛とあまり変わらない程度の太さです。


鍼管に入った鍼
針を打つ際は、鍼管(しんかん)という筒状の道具を使います。
筒の中に鍼を入れて打つので、鍼を打った際の痛みが感じにくくなります。

台座灸お灸をする必要がある場合は、台座灸というお灸を使います。
もぐさと皮膚の間を厚紙で隔てた状態でもぐさに火をつけます。
また、水膨れなどができない程度の熱感のお灸を使います。


施術者は、こんな人


施術者写真

名前:東 大輔

家族構成:妻と娘1人の3人家族

取得資格(全て国家資格):はり師・きゅう師・柔道整復師

免許証(左からきゅう師・はり師・柔道整復師)

免許証

【コメント】

人間の体は、本来は自分で自分を治す力を備えています。

これを「自然治癒力」と言いますが、なんらかの原因によって自然治癒力が阻害されて治りにくくなっている可能性があります。

そのなんらかの原因の一つが、体の緊張やこりです。

こりを解消していくことに対して本気で取り組むとかなりの症状が楽になっていきます。

こりを鍼灸や整体で緩和することで、体の血液の流れがよくなり、体の隅々まで酸素や栄養素がうまく分配されるようになるからです。

また、免疫、ホルモン、自律神経のバランスが整い体が良い状態になります。

慢性の痛みや体の不調の裏には体のこりや緊張という原因があります。

その原因を解決することで、あなたのつらい症状を楽にすることができます。




初めての方へ
 

不安なことやお尋ねされたいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


電話・ネット予約はこちらから





お問合せはこちらから





ひがし鍼灸整骨院の所在地

九州産業道路から、少し入ったところにあります。

 

・熊本駅方面や、三号線からお越しの方
迎町交差点を過ぎて少し進んだところにあるセブンイレブン(左手)の近くの信号機(押しボタン式)を右折してすぐです。

・九品寺、長嶺方面からお越しの方
地域医療センターがある交差点をしばらく行くと右手にセブンイレブンが見えますので、そこの少し手前の信号機(押しボタン式)を左折してすぐです。


地図はこちら

 



所在地 熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F
電話 096-288-1894
メール higashinkyu@gmail.com
ホームページ https://www.higashiseikotu.com

熊本の五十肩の鍼灸治療、ひがし鍼灸整骨院

< 腕の痛みやしびれに対する治療  |  一覧へ戻る  |  肩こりの治療 >

カテゴリ:

このページのトップへ