症状別施術法

  • 症例集
  • 症状別施術法
  • お客様の声
  • 用語集
  • よくある質問
ひがし鍼灸整骨院 ひがし鍼灸整骨院外観

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6丁目16-41ビルコム本荘観音橋1F

096-288-1894 ご相談・ご質問など お問い合わせはこちら
ひがし鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

HOME > 症状別施術法 > 痛みやしびれ > 産後の腰痛

症状別施術法

< 重度の腰痛  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛 >

産後の腰痛

産後腰痛イメージのサムネイル画像


産後に腰痛が出てそれが長引いている方は、鍼治療を併用して骨盤矯正を行うことで、比較的に早く痛みが楽になるかもしれません。

産後腰痛の原因


骨盤のゆがみ

出産時は、骨盤が緩んで胎児を子宮から体外へ出すので、産後は骨盤が緩く開いた状態となります。

比較的に運動をしていた方などは、筋力もあるので骨盤ももとに戻りやすいですが、筋力が弱い方は骨盤が戻らずに痛みが出ている場合もあるかもしれません。

育児 育児には、子供をだっこしたりなどの体に負担がかかることも多くあります。 子供は成長しますので、日がたつにつれて体にかかる負担も大きくなります。

そうなると、筋肉の疲労などにより筋肉に痛みを引き起こす原因となります。



ストレス

ストレスがかかると自律神経のバランスが乱れがちになります。

特に、出産することにより生活の環境も大きく変化します。

環境が変化することで体がそれに適応しようと頑張ってしまって、自覚していなくても知らず知らずのうちに体がストレスを感じ自律神経が乱れてしまします。

自律神経が乱れると痛みに過敏になったり、筋肉が緊張することでより産後の腰痛が助長されてしまいます。 おまけに、家事もこなさなければならず体に掛かるストレスは出産前の何倍もかかることもあるでしょう。


睡眠不足

夜中に授乳したり、おむつ変えたりすることで睡眠時間が少なくなってしまいます。

睡眠時間が少なくなると体を回復する機能も阻害され、疲れなどが溜まりやすくなります。

筋肉疲労が蓄積されて腰痛が慢性化してしまう原因にもなります。



当院で行う鍼灸による産後腰痛治療のメリット

鍼灸によって腰痛治療を行うことで、以下のようなメリットがあり比較的早く腰痛が楽になる可能性があります。


・鍼治療は痛みを軽くするのとても優れた施術法です。

鍼を使うことで痛みを早く楽にすることできます。痛みについては、即効性があるので施術を受けたその日に腰痛がかなり軽くなる場合もあります。

痛みが軽くなることで、痛みのストレスから解放されて気分がぐんとよくなります。 できる限り早く痛みを楽にしたい方は、ぜひ当院にご相談ください。


・筋肉が緩んで、骨盤矯正も効果的です。

筋肉が緩むことで、矯正の際の余計な筋肉の緊張を解除することができます。

そのうえで、締めるところは締めていくことでより効果的に骨盤を矯正することができます。


自律神経調整もできる

痛みが落ち着いてきたら、自律神経の調整を行うことで全身的な疲労感や緊張から体を開放することができます。

自律神経の調整について詳しくはこちら


・しっかりカウンセリングを行います。

当院は、はじめのカウンセリングにはとても力を入れています。

力を入れていますが、硬くならずにできる限りリラックスしていただくようにお話いたします。

カウンセリングで患者様について把握することや、施術法について説明することはもちろん重要です。

しかし、当院ではさらにお互いの信頼関係を重要視しています。 はじめから、100%の信頼関係を築くことは難しいかもしれが、できる限り信頼関係を作って施術に臨んでいただくほうが患者様の安心感にもつながります。

安心感があれば、リラックスすることができ体が緩んだ状態で施術を受けることができますので、施術効果も高まると思います。



当院の産後の腰痛治療のデメリット

・鍼を刺した際の痛み

刺した瞬間のちくっとする痛みは、ほぼ痛みがないくらいまで抑えることができます。

しかし、筋肉の凝りにあたった際のずーんとする鈍痛があります。 これは、鍼の鎮痛効果を発揮するために必要ですので、ご了承ください。

鍼を刺す際は、ゆっくり刺して鈍痛をできる限りじんわり柔らかい感じにするように努めて施術を行います。


・鍼を刺すために肌を露出する必要がある

産後の腰痛の際は、腰やお尻の外側に鍼を刺すことが多いです。

そのため、腰やお尻の一部を露出する必要があります。 しかし、当院ではできる限り露出が少なく済むように専用の施術着に着替えていただきます。

また、使い捨てのショーツにも着替えていただきますので、ご自身の下着を見られる心配はありません。 産後の腰痛治療 産後腰痛の腰への鍼施術の様子 ・電気の鍼を使う場合がある 痛みが強い場合は、鍼に電気を通すパルス鍼を行うことがあります。



・鍼で刺されることに対する恐怖心

鍼で刺されることが恐い方も多くいらっしゃいます。 当院では、鍼を刺す前にすべて刺す位置をあらかじめお伝えします。

そのうえで、多すぎる場合は1回の施術での鍼の本数を減らすということも可能です。

はじめの施術は、患者様のお体の鍼に対する反応なども観察しながらゆっくり施術を行いますので、ご安心ください。

それでも、恐怖心が強い場合は指圧によって施術を行います。


・瞑眩(めんげん)

瞑眩は東洋医学用語で、鍼灸施術の後に体が良い状態になる過程でおこる生理反応のことです。

例えば、鍼を刺した後に鈍痛が残る、だるくなる、眠くなるなどがあります。

刺激量は、調整しますので瞑眩が出ても軽微なことが多いですが、個人差がございますので1~2日ほど上記の症状が出る場合があります。

患者様に応じた最適な刺激量で施術をできるように努めています。

施術について不安がある方は、無料相談にも応じますので、どうぞご相談ください。




鍼灸による産後の腰痛治療


当院では、鍼灸を使った腰痛治療を得意としています。

鍼の痛みを軽くする力は、優れていますのですぐに腰痛を楽にしたい方はどうぞ、ご相談ください。

使用する鍼は、使い捨ての鍼で患者さんの体の状態や体質などに応じて鍼も使い分けています。

特に、初めて鍼を受けられる方にはしっかりと説明を行い、腰のどこに鍼を刺すのかなどを説明した上で施術を行います。

初めからたくさんの鍼を打つことはなく、場合によっては鍼に身体を慣れさせる為に痛みの極力少なくて済むように細めの鍼を使用します。

また、腰痛や肩こりの痛みを軽くするために鍼を少し深めに刺す場合もございますが、その場合も説明した上で施術を行わせていただいています。 



施術の流れ

カウンセリングシートへの記入

お体の状態などについてまずは、カウンセリングシートに記入していただきます。 5分程度で記入できます。


お悩みを丁寧にカウンセリングします

いつから、どのように体が辛いのかについてお伺いします。

硬くならずに、できる限りリラックスしていただくように、ゆっくりお話しするようにしています。

腰痛の具合や骨盤の状態を確認する検査 どのような動きで、腰が痛くなるのか。腰痛の原因がどこにあるのかなどをしっかり検査いたします。

また、、背中や腰、お尻の筋肉など体に痛みを発している凝りの位置を特定するために触診をいたします。

当院では、触診に力を入れています。 左右を比べたり、患者様にどこを抑えると痛むかを確認しながら痛みの原因箇所をしっかり特定いたします。

そうすることにより、悪い所に確実に鍼をさして痛みを緩和することができます。

施術を安心して受けて頂くための詳しい説明 カウンセリングや検査などで悪い箇所を確認してどこに、どのような鍼を打つのかを説明いたします。

患者様には、安心して施術を受けて頂くために丁寧に詳しく説明いたします。


産後の腰痛への鍼施術

鍼を刺す際は、ゆっくり痛みの度合を確認しながら施術を行います。

腰の痛みが強い場合は、筋肉のこりを狙って鍼を刺し電気を流す場合もあります。

特に初めての際は、ゆっくり施術を行いますので、ご安心ください。

鍼にかなりの恐怖心がある場合は、指圧による施術も行います。

腰痛鍼施術 産後の骨盤矯正 骨盤矯正は、骨盤に関係する筋肉を中心にストレッチや強化を行います。

ご自宅でのケアが必須ですので、ケアの方法についてもしっかりアドバイスいたします。


施術計画の説明・アドバイス

痛みの緩和の度合になどを含めて施術計画を立てます。

その後、通院間隔や回数について説明します。

また、ストレッチなどのが痛みを緩和するために有効だと判断した場合はご自宅でのケアのもアドバイスいたします。



女性専用の治療着を準備しています。

鍼灸施術を行う場合は、どうしても肌を露出していただなくてはいけない場合があります。

その際に、肌の露出を必要最低限にするために専用の治療着を準備していますので、ご安心ください。

また、臀部(お尻)の痛みやこりを伴っている場合は、臀部を出さなければいけない場合もありますが、使い捨てのショーツを準備していますのでそちらに着替えていただいています。

 
治療着写真のサムネイル画像
 
治療着裏側のサムネイル画像裏側が開くことができて、腰の部分だけを出せるようになっています。



 


産後の腰痛は、ひがし鍼灸整骨院におまかせ下さい。
産後の腰痛にお悩みに方の為の治療院です。
熊本 産後腰痛 骨盤矯正 熊本のひがし鍼灸整骨院

 

< 重度の腰痛  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛 >

カテゴリ:

このページのトップへ