用語集

自律神経

自律神経は、交感神経と副交感神経から構成されており、その総称です。通常、自ら律している神経なので意識とは関係なく、日々、体の外の環境に体を適応させるべく働いています。
交感神経と副交感神経は、正反対の作用があります。簡単に分けると、交感神経は活動時に働き、副交感神経は睡眠時に働きます。
この両者のバランスが崩れ、例えば交感神経が働きっぱなしになったりすると、体が常に緊張状態となりさまざまな不調の原因になることもあります。

全て見る